上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
釧路 北大通り商店街の老舗本屋 山下書店が本日、平成19年8月31日をもって閉店してしまいます。

地元の新聞に載っていたコメントは…

近年、郊外へ買い物客が移り、北大通全体に客足が減る中で売り上げも低迷状態が続いていたという。今年85歳の山下社長は「商売の先行きが見えないこと、年齢のこと、60年の節目を一つの区切として、踏ん切りを付けた。

と有りました

確かに、北大通り商店街を歩いていても、釧路駅前の釧路の顔とも言える商店街がなのですが、大型店の相次ぐ閉鎖によりシャッターストリートと化し、少し外れた場所は昼でも人通りが無くゴーストタウンかと思われる状態です。

今回の山下書店さんの閉店によりますます寂しい商店街になってしいます…
長い間本当にご苦労様でした。

釧路を観光の町にしていきたいのならもっと足元を見てほしいです、駅前の商店街がこんな状態じゃ~…
スポンサーサイト
2007.08.31 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
タイトルをどうしようかと迷ったんですが、これしか思いつかなかった…
40歳位のひとならピンと来るタイトルだと思いますが…

ふと見ると気になる看板が有って、わざわざ引き返して写真を撮ってしまいました!

それがこれ
2007.08.30 Thu l 町で見つけた ? な物 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ここに本文
2007.08.30 Thu l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
2007年8月28日(火)6年ぶりに皆既月食!
本州の方はあいにくの雨だったらしいのですが、ここ釧路では快晴、
仕事が終って帰る頃には月が出ていたのですが、今回の月食は時間的に月が出る前にもう始まっていて、出てきた月を見ると薄暗く何だか赤黒い色をしておりました。
家に帰りそそくさと夕食を済ませ外に出て望遠鏡で月を見ようとしましたが暗くて家にある安物の望遠鏡だと何も見えない!
さ~どうしよう?と考えて…
ビデオカメラならナイトモード付いてるし望遠も結構大きく写るからどうだ?
って…さっそく写してみました。

月1


ビデオのモニターをデジカメで写してるのでぼやけてますが、結構見える!

ちょっと時間がたつとどんどん月の感じが変わって行く
月2


そして、左下の所から月が顔を出してきました、
今まで薄暗かったけど、ちょっと月が見えるようになっただけで明るくなってきました。
この頃になるとナイトモードだと逆にピントが合わせられない状態に…
月3


ほとんど見えてる状態です。
デジカメの写真だとわからないけど、ビデオのモニターではしっかり月のクレーターまで確認出来ます!
月4


月食を見始めたのが7時半位だったが、気が付いたら9時半になってた!
最初は歩道の所に三脚立ててキャタツに腰掛けて見ていたんですが、ドンドン月が移動するもんで場所を移動しないと見れないので気が付いたら道の真ん中まで出てた…
裏道だからそれほど車の通行量もないので平気なのですが…
道の真ん中にビデオを三脚に立てて…月食の時でなかったらまるっきり不審者!
でも自然の一大スペクタクルを見れたので良かった~。

あと、今週末にはお祭で花火大会が有り、3尺玉も上がるそうなので楽しみ~。
2007.08.30 Thu l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
日曜の朝恒例のプチツーリング、
プチツーリングが週末の日課になってるみたいで、このおかげで日曜も朝から早起きです…なんつっても4時に起きるし!
んで、バイクを出して集合場所に行く直前の写真がこれ、
朝ツー1

時計を見るとまだ5時前、
集合時間は朝の5時、この時間、霧が出ていてまるで濃霧って感じ、
このままだと全身ビチョ濡れ覚悟だな~と集合場所まで移動、
5分の距離ですが、すでにヘルメットのシールドは水滴で前が見にくい状態、
ですが、今回導入した秘密兵器 ハンドガード のおかげでグローブは全然濡れない!ハンドガード最高!有難かった~
今回のメンバーはいつものK氏とS氏、集合後、今回は阿寒の方に出て阿寒横断道路を通り標茶のほうから戻るルートに決定、
まずは、阿寒横断道路まで、横断道路途中の休憩所でちょっと休憩、
この辺りまで来ると天気も良くなり快晴!
気持ち良いツーリングになってきました。

この休憩所には自衛隊の車両も停まってて…

朝ツー3


へ~、あの装甲車って後ろがあんな感じに開くんだ~って…
これから演習かな~とボーっと見ていたら後から後から自衛隊の車両がどんどん入ってきて…
朝ツー4

休憩所占領状態、
まだお手洗いとか行っていなかったのでどうしようかと思ったが、S氏もお腹が冷えたのか、自然に呼ばれて大の方へ、ここのお手洗いは多目的トイレも付いておりそちらの方は自衛隊の方も利用していなかったので何とか事なきを得ました…その後私も自然に呼ばれて多目的を利用…
自然の力には逆らえません(^^ゞ

この辺りバイクで走るととても気持ちの良いワインディングで、反対方向から来るバイクの集団も多かったです、この時間なのにね~
さすがにコーナーの途中とかでは手を振る余裕も無かったのですが、
普通の所では対向のライダーの方々からも手を振っていただいたり振り替えしたりとお互いの無事を祈り、心温まる感じでした。
今度は道の駅摩周温泉で休憩、


朝ツー5


朝ツー6


川沿いの所でテントを張ってキャンプをしている人とかも居ました。
ここからは標茶まわりで帰宅、
町中に入り信号を左折しようとしたら何と左のステップをガリガリと、そんなに倒して曲がったつもりは無かったのですが、初のステップ擦りでした。

追伸、自宅に戻り、新聞を見たら前日のトンネル工事見学の記事が載っており大きく写真も乗っておりました、しかも一番前で!
2007.08.29 Wed l バイク・車 l コメント (2) トラックバック (0) l top
今度は橋脚の工事現場に移動して見学となりました。
トンネルの工事業者と橋脚の業者と区間によっても色々分かれているみたいです。
自然の景観の中にドーンとそそり立つコンクリートの柱!
橋脚2


橋脚1



柱の高さは55メートル!その上に道路が乗ってくると自動車は地面から60メートルの高さを通行すようになると言う事です。

こんな柱をここだけで7基造らないといけないそうです。

普通なら橋脚の工法は鉄筋を組み、セメントで固めていく方法らしいのだが、ここでは橋脚自体の大きさが大きいためとてつもない量のセメントを使わないといけなくなるので鋼管工法という方法がとられているそうです。
柱の中には直径1メートル60センチの鋼管が6本入っており、その回りを鉄筋で覆いセメントで固めていく方法で、鋼管鉄筋なんたらラーメンなんたら工法…長すぎてラーメンの所しか覚えられなかった…^^;

ちなみにこの柱を造るのに必要なセメントの量は、基礎の部分だけでミキサー車230台分、柱の所はなんと3,000台分!!!必要だそうです。


んで、中身はこんな感じ
橋脚3



大きな柱が6本見えてると思いますが、これをさらに上に伸ばして向こうに見える崖と同じ高さにしていくそうです…
ふと左の茂みの中を見ると…



橋脚4


鹿!

見学している間ず~っと草を食べていました、
まるでこんな所で人間が何をしているんだ?と言わんばかりの雰囲気で堂々としておりました。

そんなこんなで見学も終わり、大型バスの待つ音別憩いの森に移動となり、乗り換えのバスが見えてきたその時!

穴に落ちたのかドカ~ンという音とともにバスが大きく跳ねて、一番後ろに居た私たち家族はシートから30センチは飛び跳ねた!
私は背中の筋を痛め2~3日は痛かったです。
息子はまだヘルメットを被っており、首をひねったらしく、次の日に首が痛いと言っておりました。
最後の最後で落ちが付いた感じです。

あと、来年度に釧路から本別まで高速が開通するらしいのですが、釧路から本別までの通行料金はタダ!無料!って事を宣伝しておいてくださいとの事でした。

それと、今まで帯広の方にぬける国道は、国道38号線しかなく、過去10年間で、地震、台風などで通行止めになった回数は13回と以外に多く、今後 この高速道路が出来ることにより何かあった時にも迅速に異動出来るようになると言う事でした。
2007.08.28 Tue l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
その3です、

セメント吹きつけ作業の見学を済ませまたバスに乗り入り口の方に向いました、今度は何をするのかと言うと…
入り口を入ってすぐの所に有った例の白いビニールっぽいやつ
工事7


この白いのは防水用のシートで、

今回何と!この防水シートに記念に落書きをしても良いと言う事でわざわざ足場まで組んでいただいておりました。

工事17


将来このトンネルを通るたびに思い出す事でしょう、とても心に残る記念となりました。
ちょっと残念なのは、このシートの上に断熱材が吹き付けられてしまうので見えなくなってしまうのです。

工事の作業工程はこのあと断熱材、鉄筋の骨組みを組み、トンネルの壁面を作っていくという事でした。
鉄骨を組むとこんな感じになります。


工事19


この骨組みの下は見えにくいけど断熱材が吹き付けられてます。
んで、これが鉄骨を組んでいくときの足場


工事18


足場って言ってもレールの上を移動出来る物で、トラックも下をくぐれる位大きな物です。
ここをくぐるともうそこはトンネルの外、
トンネルの中では集合写真を撮る時意外はマスク着用だったので息苦しかったけど、これでマスクは外せます、でも、工事現場だからヘルメットはまだ着用、(ヘルメットの中で紙のインナーに頭が締め付けられて痛かった~)
トンネルの外でも記念に集合写真をパチリ!

工事21


暗いトンネルから出たばかりだし、天気も良く太陽も明るかったのでみんな目が開けられず全員凄い形相になってるし…^_^;

ここからバスに乗り少し移動、今度は橋を造っている所の見学です。

橋の工事現場につづく~
2007.08.27 Mon l 未分類 l コメント (4) トラックバック (0) l top
トンネル工事見学日記その2です

さらに進むと、トンネルに続く橋を乗せるための橋脚を造っている現場に到着、ここの見学はトンネルの見学が終ってからと言うことでバスのまま工事中のトンネルの中に!
入ってすぐの右手に何やら白いビニール状の物がトンネルを覆うように壁一面にくっついておりました、
これについては後ほど詳しく…

工事7


その後もバスはガタゴトと大型建設機材の間を進み、ついに終点に到着!
さっそくバスから降りてみると
目の前にこんな風景が!

工事8


ここから先はまだ人の手が付けられていない自然の山!
足元は粘土質の土って感じでした。

ここの前にみんなで並んで記念写真をとりました、その時の写真がこれ

工事9


無理言って自分のカメラでも撮ってもらいました!

その後、パネルを使って工事の進行のしかたを説明していただけたのですが、現物が目の前にある現場での説明なので臨場感が有り、とても判りやすい説明だった。

この場所まで入り口から730メートルの所まで来ていて、一日24時間工事していても、一日に進む距離は4~6メートルだそうです。
まず、これから掘る所にを発破で爆破、その後均して壁にセメントを吹き付ける、固まった所にアンカーを打つ、その後も防水処理、断熱処理、壁面の仕上げなどなど色々な工程を経てトンネルが仕上がるとの事でした。


この写真に写ってる赤く塗られたプレートの所に付いてるのがアンカー、長さ3メートルの杭が壁面に刺さってるそうです。

工事11



そして天井に目を向けると何やら大きな管が…
これは送気管!外から空気を送り込む大事な管で、直径は180センチ有るそうです、私なんかだとそのまま立って歩ける大きさです。

工事12



一通り説明が終った後に工事の感じを見てもらうために一部作業をしてもらえる事に!
今まで横に有った大きな作業者がゆっくりと動き出して~
工事13


トンネルの先に着くと~

工事14


その後からアジテーター(コンクリートミキサー車)が…
工事15


先ほどの工事車両はセメントを壁面に吹き付ける {セメント吹きつけロボット}ってやつで、アジテーターから送られたセメントをアームから壁面に吹き付ける!
ロボットと言うくらいだから自動?って思ったけど作業員さんが有線でコントロールしてました…(^_^;)
工事16


トンネル工事3につづく~

2007.08.27 Mon l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 今回見学させていただいたのは里音別地区のトンネル及び、それに続く橋を架けるための橋梁の工事でした。
 釧路から本別に続く約60キロの道を平成20年度後半までに繋げようと日夜頑張って工事を進めておられる方々の話をまさにその現場で聞く事が出来る貴重な体験をさせていただきました。
 今回の見学の目的は北海道の高速道路が全線開通する予定の10年後に自動車の免許を取得し、高速道路を利用するようになる小学3年生以上の子供たちに高速道路に対する理解を深めてもらうために企画されたと言う事でした。
参加人数は保護者を含め25人、釧路市内及び白糠から参加しました、

 まず、午後12:30に釧路市役所裏に集合、どんなバスなのかとあまり期待しないで集合場所に着くと…


工事1


豪華なバスでビックリ! この時点では参加者人数は知らなかったのですが、この大きさのバスに25人の参加者プラス市の職員さんを乗せてもゆうゆうの大きさでした。

道中、道路の説明をしたり、道路に関するクイズをしたり

工事2


北海道の道路事情の今、昔、のビデオを見たりと気がつくと音別の憩いの森に到着、ここで休憩と、この先は舗装されていない工事用の道路になるため今までの大型バスだと通行できないのでバスの乗り換え、

工事3



今度のバスはマイクロバスで、参加人数ギリギリの乗車定員…
補助席までビッチリでした。
工事5


このバスに乗り換える時に渡されたのがこれ
工事4


ヘルメットとマスク、そしてヘルメットの中にかぶる紙の帽子…
頭が大きくて紙の帽子が入らなくて無理やり入れたら紙が切れたのは内緒

市の職員の人たちは現地で待っていた他の常用に乗り換えて着いて来てました。
工事6


途中、工事車両とすれ違うが、待避所が無いとすれ違えないような細い道で途中もバスの幅ギリギリで何度もヒヤリとした。

工事現場までの林道は、途中まで普通の人も通れるのですが、今回の見学会では、通り過ぎるだけだったので良く分らなかったのですが、途中に人が居る所が有り、「通行許可証発行所」みたいな簡単な看板を置いてあった。
ここから先は一般の人が入れない場所みたいで、期待感もドンドン増して来ました。

見学2につづく
2007.08.26 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
釧路市の広報に工事現場の見学をしませんか?って載っていたので募集したところ、明日、高速道路のトンネルと橋を造っている所に見学に行ける事になりました。
大きな工事現場なんて中々見る機会がないので楽しみです。
2007.08.24 Fri l 未分類 l コメント (3) トラックバック (0) l top
今日も釧路は最高気温25度位になる予定…
クーラーとか無いからうだってます。
毎年この時期には20度位かもう少し涼しいはずなんですが、やはり異常気象?
早く涼しくなって欲しいもんだ。
2007.08.23 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
釧路で春先や秋なんかにバイクに乗ってると手が痺れる位冷える事が有る。
今の時期だとそうでもないのですが、もう少しするとすぐに寒くなってくるので何とかしたいな~と思い、ハンドガードをネットとかで色々探していた、
汎用の社外品とかたくさん有るのだが、色合いとか何か一つしっくり来なかった。
そんな時にTDM900の人がセローなどに付くワイズギアのハンドガードを工夫すればTDMにも付くと言うブログが有り、97年式のTDM850でも取り付けれるかな?といつもの赤男爵に注文!
4~5日はかかると思っていたらなんと次の日に入荷、素早い対応でビックリしました。
ただ、バーエンドの重りを外す8ミリのレンチが無かったので後日バイクを赤男爵に持ち込み工具をお借りして駐車場にて作業、
忙しい時間にお邪魔して申し訳ございませんでした。
何とか30分位で取り付け完了しました。
CIMG0019.jpg


雰囲気がガラッと変わりましたね~。

ただ、ちょっと気になるのが、右ハンドガードのステーが前ブレーキのホース付け根に当たってる所が有る、ガッチリした感じなので何とも無いと思うが今後要チェックな箇所だと思われる。


CIMG0021.jpg


その他は、ハンドルをイッパイに切ってもカウルに当たる事もないのでとても良い感じです。

CIMG0020.jpg


色もクリアなので違和感が無く、気に入っております。
今週末、天気が良ければ日曜の朝プチツーリングに行く予定なので、使い心地を試せそうです。
2007.08.22 Wed l バイク・車 l コメント (2) トラックバック (0) l top
TDMのスモールライトが点灯していても点いてるのか判らないくらい暗かった。
スモールライト1

何とか明るく出来ないかと検討して色々な方のホームページやブログを見ると、ご自分でLEDの基盤から作ってる人とか居たけど自分にはそこまでスキルは無い…
オー○バック○でフラフラしていたら室内灯用のLEDルームランプなる物を発見!
ポン付けで出来そうだったので付けてみました!

スモールライト2


スモールライトカバーの中にうっすらと透けて見えてます。
これを点灯させると~
スモールライト3


やたらと明るいスモールライトになってしまいました、
このスモールライトだけでも車への視認性は大丈夫そうです。
2007.08.21 Tue l バイク・車 l コメント (3) トラックバック (0) l top
今度は写真を載せれるか確認です。
うちのわんころとキャンプに行った時の写真です。
保健所からレスキューしてきた犬なので、犬種とか判らなかったのですが、どうやら樺太犬の血が多く入ってるみたいです。
南極物語のタロ・ジロの剥製の写真とか見るとソックリでした。
CIMG0001.jpg

写真がうまく載せれたかな~?
2007.08.20 Mon l 犬・猫 l コメント (2) トラックバック (0) l top

いままで居た所(Y○○○○ブログ)がどうしても使いにくくてこちらに引越し…
いままでの記事は引っ越せないのかな?
検討中です。
今回は文字だけで投稿してみます。
2007.08.20 Mon l 未分類 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。