上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
次は七宝焼です。
手順はこんな感じです、
n6

まず、自分が作りたい物をブローチ、ペンダント、キーホルダーの中から選びます、
小さいと作るのが大変そうだったので、一番大きく作れるキーホルダーにしました、
n7

袋の中はこんな感じです。
n8

まずは第一の工程
「みがき」
これは銅の板に釉薬(ガラス)が付きやすくするために全体を細かくヤスリがけする事で、スチールウールで板を磨きます。

n9

右側が磨いた所、光り方がちょっと違う。
n10

つぎに
「裏びき」
これは板の裏に「ホセ」と言われる竹串を使って寄せ集めの釉薬を均一に付ける事で、
裏びき用の釉薬はこんな感じ、のり水と言う水で細かいガラスの粉が混ぜられてます。

n11


裏に付けるとこんな感じに、
n12

今度は表の方に釉薬を付けるため厚紙に乗せて~、
n13

ひっくり返す!
n14

接着してるわけではないのでそ~っと返さないと裏びきが崩れてとんでもない事に!
次はようやく
「釉薬のせ」
表の見える所の作業です!
どんなデザインにするか…考える…考える…考える・・・・・
思いつかない!
ふと携帯を見ると”ふくろう”のストラップが!
初めての七宝焼ですが、挑戦してみることに、
これが用意されていた釉薬、いろんな色が有ります。

n15

みんな真剣です。
n16

n17

n18


で、次は「乾燥」
釉薬を置き終わって網の上に移し乾燥するのを待ちます。
n19

なんとか”ふくろう”に見えるかな?
この時点ではまだボソボソしてる感じです。
乾いたらいよいよ「焼成」!
電気炉に入れます! 温度は800~900度、時間は1~1分半、結構早く焼きあがります。
20

焼きあがったらこんな感じになりました。
n21

n22


5分くらいで冷めます。
黒地に黄色のふくろうが嫁さんの作品で、その隣が娘の、息子のは私のふくろうの右上、…
ちなみに娘のが”ねこ”で息子のが”闇夜のふくろう”です、芸術的です…。
次はヤスリがけですが、とくにバリは出てなかったのでそのまま接着!
接着剤でキーホルダーの土台に接着です、
出来上がるとこんな感じ、なかなか良い感じに仕上がったと思いますが…いかがでしょう?
n23

二日目に続きま~す
スポンサーサイト
2008.05.08 Thu l 趣味 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

陶芸でも始めたら?
オーブンレンジでチ~ンってできるってさ!!
2008.05.09 Fri l さとう. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tdm8502.blog111.fc2.com/tb.php/114-d40b71e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。